感染性胃腸炎ストレス性胃腸炎、激しい症状や、常に感じる不快感。

「もうヤダ!」
「いつまで我慢したらいいの!?」

そんな風に不安になっている人は多いのではないでしょうか?

そこで、胃腸炎が治る期間の目安を知って、少しでも不安を取り除いていきましょう。

Sponsored Link

あなたの胃腸炎はどのタイプ?

胃腸炎といってもその原因は様々。

その時の体の免疫力にも左右されますが、原因となる病原体要因によっても変わってきます。まずはどんな経過をたどるのか目安を知るためにも、自分の胃腸炎がどの種類かを把握しておきましょう。

感染性胃腸炎

病原体に感染したことによる胃腸炎を“感染性胃腸炎”といい、感染を機に症状がおこりますので症状は急性です。感染性胃腸炎とは、大きく分けて細菌が原因のものとウイルスが原因のもののふたつがありあます。

主な細菌は、

  • サルモネラ菌
  • 腸炎ビブリオ
  • カンピロバクター
  • 病原性大腸菌(有名なものでO-157)
  • ボツリヌス菌

主なウイルスは、

  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス

です。

ストレス性胃腸炎

ストレスや胃腸への過度な負担による胃腸炎を“ストレス性胃腸炎”といいます。

突発的に現れたものを急性、繰り返したり完治しないまま症状が残ってしまうものは慢性と言えるでしょう。

どれくらいの期間でよくなるの?

では、それぞれの胃腸炎がどのような経過をたどって完治するのかみてみましょう。

細菌性胃腸炎の主な症状と経過

一般的に食中毒とも呼ばれています。
細菌性胃腸炎の場合、発症してからも症状は治まりにくく、重症化することが多いです。

主な症状は

  • 吐き気、おう吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発熱

です。

下痢は水様便で血便も見られることがあります。症状は数日続いた後、ゆるやかに改善の兆しを感じられることが多いでしょう。

病原体や体質、免疫力によって差があります。

おう吐にしても、1~2日間で頻繁にある場や、1日数回が3~4日続く場合があります。
下痢は3日~1週間以上続くものもあります。基本的には自然治癒しますが、続く嘔吐や下痢、また発熱による脱水症が心配です。

O-157では出血性大腸炎が起き血便があったり、それが続くと乳幼児や高齢者では溶血性尿毒症症候群脳症などをきたす場合もあるので、続く血便には注意しましょう。他にも、手足の麻痺や複視、視力障害、嚥下障害などが現れたら、ギランバレー症候群などの合併症の可能性もあるので、その後の体調管理には気を使いたいものです。

痛みがひどいときや症状が重篤な場合は特別な処置が必要となりますので専門医に相談をしましょう。

細菌性胃腸炎の症状は重症化しやすい症状は細菌によって1日~1週間ほど続く

ウイルス性胃腸炎の主な症状と経過

主にお腹の風邪と言われることがあります。ウイルス性の場合は細菌性に比べ比較的軽症であることが多いです。

発症したときは強い吐き気と下痢が起こりますが、嘔吐は1~2日程で次第に落ち着き、水様の下痢も3~4日程で落ち着きます。

乳幼児に多いロタウイルスの場合は下痢症状が長く、お米のとぎ汁のような白い水様便が特徴で、1週間ほど続きます。

ほとんどの人が5歳までに感染する胃腸炎とされています。

細菌と同じく自然治癒するもので、治療する薬はないので服用するのは整腸剤が一般的です。症状が重い場合は専門医の指示を受けましょう。

ウイルス性胃腸炎の場合の症状は発症後から改善方向へすすみ、数日、ないし1週間ほどで落ち着いてくる

ストレス性胃腸炎の主な症状と経過

ストレス性胃腸炎の場合は、感染性のように激しいおう吐は希です。症状は胃痛、腹痛、吐き気、下痢、その他にも胃もたれなどの不快感があります。

激しい症状は少ないにしても、経過がよめないのが辛いところです。

主な原因は

  • 精神的ストレス
  • 暴飲暴食
  • 薬の服用による胃への負担
    などです。

“早くこの症状を取り除きたい”
そう思ったら、原因を排除しなくてはなりませんが、そう簡単にはいきませんよね。

ストレスを感じる環境だったり、ストレスを感じやすい体質、また生活習慣に関わるものは簡単に排除できる要因ではありません。

胃腸の薬を服用しても、そのような要因が続く場合は、薬によって症状を抑えているに過ぎず完治が難しい場合が多く、慢性化しやすいのが特徴です。精神的ストレスが原因の場合は心療内科の診察や精神安定剤の服用が有効な場合も見られます。

病原体の仕業による症状でなくても胃腸が弱っていることに変わりはないので、胃腸に負担のある食べ物は避けましょう。消化の良い食事を心がけ、症状を悪化させないように気をつけましょう。

感染性胃腸炎の場合

吐き気やおう吐は長くても4日ほどで治まること多く、下痢は軟便のものから水様便、血便など症状は様々で、3日~1週間程続くことも

ストレス性胃腸炎の場合

慢性的になりやすく症状を繰り返しがち

いつ完治するの?

症状がなくなっても感染性の場合、ノロウイルスなどの病原体は便の中に現れます。

なんと、長い場合は1ヶ月近く続くのです。

症状は治まっても、完治とは言えませんね。周りへの感染には気を配りましょう。また胃腸の回復にも時間が必要でしょう。

感染性にしてもストレス性にしても、症状が治まったからといって時間をおかずに動物性脂質や刺激物の摂りすぎはおすすめできません。病み上がりの胃腸はまだ本調子ではないため不快感を伴う可能性があります。

久々にもどってきた食欲にあれこれと食べたい気持ちはわかりますが、胃腸に優しい食べ物を意識していたわってあげましょう。

胃腸炎はその時の体の状態だけでは完治したかの判断が難しいものだと言えますね。

完治までは結構時間がかかります!

胃腸炎は様々な種類があり、その症状の経過にも個人差がありますが、だいたいの目安はおわかりいただけたでしょうか?

症状が治まっても完治の状態には長い期間を要するのですね。

消毒手洗いの徹底をして予防と感染させないための配慮を怠らないようにしましょう。

Sponsored Link