胃腸炎のストレス性と感染性の違いとは?症状で見分けることは可能?

“胃腸の調子が悪い”

それは細菌ウイルスが原因の感染性胃腸炎ですか?
それともストレスが原因のストレス性胃腸炎ですか?

すぐに受診するべきかまず生活を見直してみるのか原因がはっきりしないと“どうしたらいいのか”不安ですよね?

感染性胃腸炎とストレス性胃腸炎では、同じ胃腸炎でも原因や症状、対処方法違ってきます。違いを理解して少しでも早く胃をにしてあげましょう。

スポンサードリンク

ストレス性胃腸炎と感染性胃腸炎の違い

まずはストレス性胃腸炎感染性胃腸炎違いについて知っておきましょう。

ストレス性胃腸炎

神経性胃炎とも言います。原因はストレスや胃腸への過度な負担です。

内視鏡で検査をしても異常が見つからず、それでも胃や腸に違和感痛み吐き気など不快な感覚を引き起こす疾患です。

ストレスによって自律神経が乱れ胃腸の働きを低下させたり胃酸が多く分泌させたりします。
重症化すると自分の胃酸で胃にダメージを与え、潰瘍ができてしまう場合も少なくありません。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎は夏や冬に大流行する細菌ウイルスが原因の胃腸炎です。

細菌によるものには

  • 黄色ブドウ球菌
  • ボツリヌス菌
  • 腸炎ビブリオ
  • サルモネラ
  • O-157

などがあります。

ウイルスによるものには

  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス

などがあります。

これらの病原体排泄物などを介し、主にから吸い込んでしまうために起こります。病原体により症状に多少の違いはありますがその多くは腸で病原体を増殖させることにより嘔吐下痢が起こることが特徴的な症状といえるでしょう。

スポンサードリンク

前兆や症状に違いはあるの?

ストレス性感染性症状の違いはあるのでしょうか?

どんな前兆があったのか、また症状が突然だったのか時間をたどってみましょう。

ストレス性胃腸炎の症状

ストレス性胃腸炎の場合は、急なストレス、もしくは慢性的なストレスにより始まります。

ストレスと聞くと精神的なストレスばかりを想像していませんか?
原因となっているストレスは精神的ストレスだけではないのです

胃腸に負担をかけることでも胃腸のストレスが生じます。例えば暴飲暴食薬の服用です。

胃への刺激が強いと胃の働きが追いつかず悲鳴をあげてしまうのです。

ストレス性の場合は、急性の場合もありますが、そのような生活習慣が関わっていることがほとんどで、症状は次第に自覚してくることが多くあります。

よくみられる症状

  • 胃のムカムカ胸焼けもたれ感
  • 胃の痛み
  • 吐き気
  • みぞおちの灼熱感痛み
  • 食欲がでない
  • すぐにお腹がいっぱいになってしまう
  • 胃酸が上がってくる感じがする
  • 不眠・怠い
  • おならゲップがよくでる

などです。

これらの症状がさらにストレスとなり悪化慢性化をさせてしまうこともあります。

感染性胃腸炎の症状

感染性胃腸炎の場合、残念ながらほとんどの場合前兆がなく、急に激しい症状に見舞われます。感染から発症まで比較的長いものもあり、“少しもたれてるかな”くらいの自覚症状はあるかもしれません。

体調によっても症状のでかたは違うので一概には言えませんが、細菌によるいわゆる食中毒も、ウイルスによる“ノロウイルス”なども、下痢おう吐に襲われるのことがほとんどです。

個人差はありますが3~4日で症状は落ち着いても、病原体排泄されるので消毒や密な接触を避けるなど感染させない対策を続ける必要があるでしょう。

見分けることはできるの?

では、症状が出たとき、ストレス性か感染性か見分けることはできるのでしょうか?

これらの初期症状のちがいからも見分けるポイントはいくつか挙げられます。

こんな症状ならストレス性胃腸炎かも・・・

  • 日頃から胃腸の不調を感じている
    (胃もたれ・膨満感・食欲不振など)
  • を服用して
    胃が荒れた感じがする
  • 暴飲暴食
    生活習慣が乱れている
  • みぞおちの不快感がある
    (痛み・灼熱感)
  • おならゲップがよくでる

こんな症状なら感染症胃腸炎かも・・・

  • 突然激しい嘔吐や下痢に襲われた
  • 腹痛発熱を伴う
  • 感染しやすい生ものを食べた
    (二枚貝や生肉など)
  • 感染性胃腸炎の人と深く接触した
  • 周囲で感染性胃腸炎が
    流行っている(流行る季節である)

見分けることは可能?

症状の違いはあるものの、原因をはっきり見分けることは医師の目からしても難しいところです。

なぜなら、ストレス性の胃腸炎は慢性化しやすくそこで新たに感染性胃腸炎に感染することも考えられます。

また、緊急性を感じないためストレス性を疑っても体調体質によって症状のでかたが違うので、感染性であることも考えられるのです。

判断に迷ったら専門の医師に!

ストレス性胃腸炎の場合はそのままにしておくと慢性化しやすく、回復までに長い時間を要してしまい、場合によっては悪化してしまうことも少なくありません。感染性胃腸炎の場合は感染力強いので消毒予防徹底して、周りの人へうつすなどして拡大させない配慮が必要です。

ストレス性胃腸炎か感染性胃腸炎か判断に迷ったら、まずは専門の医師にかかって、指示を仰いだほうが安全です。

  • 自己判断では悪化感染を広めてしまう可能性も!
  • まずは専門の医師に診てもらいましょう

 

胃腸がに蝕まれると気分まで落ち込んでしまいます。ストレスが胃にくることでわかるように、胃腸と脳は深い関わりがあるのです。

元気な胃腸で毎日をハツラツと過ごしたいものですね。

綺麗な女性でいたいと思っているあなた

「綺麗でいたい」という願いは全女性共通のものですよね。

綺麗でいるための手段の一つとしてある、「脱毛」。やっぱりツルツルの肌はテンション上がるし、憧れますよね!ただ、「やってみたい!」と思いつつも、「お金かかりそうだし。。。」と中々踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの不安を物ともしない価格で脱毛を提供しているのがミュゼです!

6月限定で、全身12箇所から4箇所も選べてなんと400円という驚きの安さ。

普通だったら「安すぎて怪しい!」と感じますが、「ミュゼ」と聞くと安心できますよね。実際ミュゼの会員数は約309万人(2017年4月末現在)!

全国の店舗数は179店舗(2017年5月末現在)と店舗数もかなり充実しているので、きっとあなたの通いやすい場所にも店舗があるのではないでしょうか。

6月限定の400円で4箇所の脱毛キャンペーン、気になる方はこちらから詳細を確認してみてくださいね!
ミュゼプラチナム【公式】

半額

コメントを残す