女性の左の下腹部に痛みがある時に原因として考えられる病気は?

女性のおなかデリケート下腹部痛にお悩みの女性は少なくありません

下腹部痛男女問わずよくある症状の一つでありながら、下腹部痛を伴う疾患は多く、その病気の原因を特定するのは医師でも困難なことがあります。

女性の場合はそれに加えて婦人科疾患の可能性も疑わなくてはならないため下腹部痛が起きたとき“婦人科?内科?”と、どこで診察を受けるべきか迷ってしまいませんか?

下腹部痛といっても痛みの場所によって疑いのある病気は変わってきます。

痛みの原因を探るには専門機関で医師による診察検査が必要ですが、病気の特徴について知っておくと症状の経過をたどるのにもきっと役立つことでしょう。

そこで、今回は女性の左の下腹部痛みがある時に原因となっていると考えられる病気についてご紹介します。

スポンサードリンク

左下腹部痛を伴う女性特有の病気

女性の下腹部には子宮卵巣などの生殖器が備わっています。

月経によってコンディションは変化し、それによって現れる痛み違和感など、多くの女性が経験し悩んだことがある事でしょう。しかし、“よくある症状だから”軽視することはよくありません。

女性特有の左下腹部に痛みがでる疾患を>みてみましょう。

子宮付属器炎

子宮付属器とは卵巣卵管を総称したもので、子宮付属器炎とは子宮付属器に起こる炎症のことを言います。
原因は、細菌混合感染がほとんどで免疫力の低下病原体に過剰にさらされるなどして炎症が起こります。

子宮筋腫

婦人科にかかる腫瘍の中で最も多いのが子宮筋腫

主に子宮筋層内の平滑筋に発生し、女性ホルモンであるエストロゲンによって発育する良性の腫瘍です。腫瘍は米粒ほどのものから数十センチのものまで、1箇所から数箇所にみられることもよくあります。

主な症状は、月経血の増加月経期間が延びる貧血下腹部痛腰痛膨満感などがあります。

また神経尿管膀胱圧迫し支障がでる場合も。

子宮内膜への血流が悪くなるため、不妊症流産・早産の原因ともなり得ます。

月経は個人差があるので判断が難しいところではありますが、普段と違う、症状がひどくなっていく、そんな異常が起きたときは婦人科で診察を受けておくと安心ですね。

子宮内膜症

子宮内膜症は、本来子宮の内側にある子宮内膜が、卵巣腹膜などの子宮以外の場所増殖剥離を繰り返す病気です。

子宮内にある子宮内膜が剥がれ落ちると、月経血とともに体外へ流されます。しかし、子宮外にできた子宮内膜は腹腔内にとどまり、痛み炎症癒着を起こします。

卵巣にできたものは卵巣チョコレート嚢胞と呼ばれています。

卵巣嚢腫茎捻転

卵巣靭帯によって子宮骨盤につながっています。

卵巣に腫瘍ができると靭帯が伸び、腫瘍の茎部分がねじれてしまうのが卵巣嚢腫茎捻転です。主な症状は急激な下腹部痛吐き気嘔吐などです。

腹痛と吐き気、嘔吐などから消化器の疾患との区別が難しいため、以前から下腹部違和感がある場合はしっかりと医師に伝えることが必要でしょう。

子宮外妊娠

子宮腔外の部分に受精卵着床することを子宮外妊娠といいます。

主な症状は出血下腹部痛です。痛みの多くは左右に偏よります

受精卵が育つとともに痛みが増し、卵管破裂となると腹腔内で大量出血が起きショック症状を起こしてしまうこともあります。

スポンサードリンク

その他左下腹部痛を伴う病気

下腹部には尿管などの臓器があります。

その部位に問題が起こった時も左下腹部の痛みとなって出てくる可能性があります。

S状結腸軸捻転

腸間膜を軸として腸がねじれることを腸軸捻転といい、それがS状結腸で起きたものをS状結腸軸捻転といいます。

腸の閉塞により腹痛腹部の膨満便秘排ガスの停止などが現れます。

大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎

大腸の壁の一部が袋状に外へ飛び出してしまったもの憩室といいます。

通常は無症状で、治療の必要性はありません。ところが、その憩室に便が詰まるなどして炎症が起きてしまうと憩室炎となり、腹痛発熱血便を引き起こすのです。

下行結腸、S状結腸にできた憩室炎は左側が痛みます。

欧米人に多いとされてきた左側の憩室炎ですが、日本でも食事の欧米化が進み、左の下行結腸・S状結腸の憩室炎の割合は増えています。

左尿管結石

尿管に沈着する結晶の石が詰まってしまうの尿管結石です。

結石自体は珍しくなく、尿管より小さければ自覚症状もなく排尿とともに排泄されます。ところが、石が大きく尿管をふさいでしまうと腎臓への圧力が高まり、腎臓肥大となり激痛を起こす原因となります。

潰瘍性大腸炎

大腸の内側にある粘膜びらん潰瘍ができる大腸の炎症疾患です。

直腸から口の方向へ連続的に炎症が広がる特徴があり、直腸から結腸まで広がることもあります。

腹痛下痢が主な症状で、時に下血を伴います。

急性結腸直腸炎

結腸の粘膜に炎症が起きる大腸の炎症結腸直腸炎です。

潰瘍性大腸炎は口の方向へ炎症が広がっていくのに対し、結腸直腸炎は炎症が結腸にとどまっている状態で、多くが急性です。

潰瘍性大腸炎と比べて症状は比較的に軽いのですが繰り返しやすいという特徴があります。

血便腹痛、便意があるのに便通がよくないしぶり腹が起きます。

女性で左下腹部に痛みを感じたら

女性左の下腹部に痛みを感じる時に考えられる病気をご紹介しました。

たくさんの疾患可能性があるということをご理解いただけたのではないでしょうか?

しかし、ここでご紹介したものは一例にすぎません。

お腹には色々な臓器があり連携して働いています。また、それらの臓器は神経と深く関係し、ストレスなど精神的なものにも左右されやすいものです。

自身の症状をしっかり把握して受診すれば、より早く適切な検査・治療を受けることができるでしょう。女性の場合、婦人科疾患婦人科でないと鑑別が難しいというのが現状です。

下腹部痛月経の異常を感じたら、婦人科を診察されることをおすすめします。

綺麗な女性でいたいと思っているあなた

「綺麗でいたい」という願いは全女性共通のものですよね。

綺麗でいるための手段の一つとしてある、「脱毛」。やっぱりツルツルの肌はテンション上がるし、憧れますよね!ただ、「やってみたい!」と思いつつも、「お金かかりそうだし。。。」と中々踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたの不安を物ともしない価格で脱毛を提供しているのがミュゼです!

6月限定で、全身12箇所から4箇所も選べてなんと400円という驚きの安さ。

普通だったら「安すぎて怪しい!」と感じますが、「ミュゼ」と聞くと安心できますよね。実際ミュゼの会員数は約309万人(2017年4月末現在)!

全国の店舗数は179店舗(2017年5月末現在)と店舗数もかなり充実しているので、きっとあなたの通いやすい場所にも店舗があるのではないでしょうか。

6月限定の400円で4箇所の脱毛キャンペーン、気になる方はこちらから詳細を確認してみてくださいね!
ミュゼプラチナム【公式】

半額

コメントを残す