腹痛には、さまざまな病気の可能性が潜んでいます。

そのため、原因を特定するのは非常に困難な場合があります。

医療機関を受診しても腹痛の原因は不明と言われることもあるくらいです。

ただし、お腹が痛む部位によってある程度の原因となる病気はわかっています。

 

そこで今回は、腹痛の原因について

  • 心窩部
  • 右腹部
  • 左腹部
  • 下腹部

と分け、考えられる病気と、痛みの分類について解説したいと思います。



心窩部の腹痛の原因は?

心窩部というと、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、胸と胸の間の下・みぞおちです。

この部分の痛みの原因として考えられるのは、胃・食道・十二指腸・膵臓・胆のうなどの問題があります。

  • 急性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • マロリーワイス症候群
  • 特発性食道破裂
  • 胆石症
  • 急性膵炎
  • 虫垂炎
  • 機能性ディプペシア
  • 心臓の問題(心筋梗塞など)

などで痛みが起こることもあります。

右腹部の腹痛の原因は?

右腹部には、胆のう肝臓などがあります。

その右腹部で多い問題は、

  • 胆石症
  • 胆のう炎
  • 胆のうガン
  • 虫垂炎
  • 肝潰瘍
  • 肝硬変
  • 肝炎
  • 肝嚢胞

などが原因となり起こってることもあります。

左腹部の腹痛の原因は?

左腹部には、膵臓脾臓が位置しています。

  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 膵石症

などの痛みが原因となっていることがあります。

下腹部の腹痛の原因は?

下腹部は大腸膀胱などもありますが、女性と男性では異なり、女性の場合は子宮卵巣、男性は前立腺などがあります。

  • 急性腸炎
  • 虫垂炎
  • 過敏性腸症候群
  • 虚血性大腸炎
  • クローン病
  • 膀胱炎や膀胱の病気
  • 子宮内膜症や子宮の病気
  • 卵巣の病気
  • 前立腺の病気

などの問題で、痛みが起こっていることも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

お腹の痛みの分類は?

ひとえに腹痛といっても、

  • 内臓痛
  • 体性痛
  • 関連痛

とに分けられます1)

内臓痛

消化管の筋層や神経が刺激されることで起こるもので、はっきりココと場所を示すことができないものが多くあります。

しかし、症状としては腹痛の他に、悪心冷や汗などを伴うことが多く、

  • 腸炎
  • 腸閉塞
  • 大腸内視鏡時

などにこの痛みを感じることがあります。

体性痛

炎症などが原因で、腹膜の神経が刺激され起こる痛みです。

動くと痛みが増し、特定部位に痛みを強く感じます

  • 虫垂炎

が原因で起こることの多い痛みです。

関連痛

はじめに内臓痛が起こった後、その刺激が脊髄で皮膚から知覚神経へと伝わり、近接した場所にまで痛みが出るものです。

最初に起こった腹痛によって、関連する場所も異なってきますが、

  • 胆嚢炎での右肩甲骨付近の痛み

などのように、お腹とは離れた場所に痛みが出ることもあります。

参考文献:

1)消化器疾患 ビジュアルブックP13

最後に

腹痛の原因について、ポイントをまとめます。

  • 心窩部痛の場合、急性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・マロリーワイス症候群・特発性食道破裂・胆石症・急性膵炎・虫垂炎・機能性ディプペシア・心臓の問題
  • 右腹部痛の場合、胆石症・胆のう炎・胆のうガン・虫垂炎・肝潰瘍・肝硬変・肝炎・肝嚢胞
  • 左腹部痛の場合、急性膵炎・慢性膵炎・膵石症
  • 下腹部痛の場合、急性腸炎・虫垂炎・過敏性腸症候群・虚血性大腸炎・クローン病・膀胱炎や膀胱の病気・子宮内膜症や子宮の病気・卵巣の病気・前立腺の病気

などの病気が考えられる。

 

しかし、腹痛の原因はこれだけには留まりません。

その他にも

  • ガス
  • ストレス
  • 便秘
  • 下痢
  • 風邪

などが原因となり腹痛を感じることもあるためです。

そのため腹痛といっても症状がひどい場合、長く続く場合などは、上記で説明して来たような問題も考えられるため、軽視せず医療機関を受診しましょう。