腹痛には様々な病気の可能性が潜んでいます。そのため、原因特定する検査も様々です。

“お腹が痛い!”という症状は身近でありながら病気の特定が難しく、詳しく検査が必要な場合があります

病院で診察を受けた時、問診や触診に終わらず血液検査やらレントゲンやらと行い“なにか重篤病気の可能性が?”心配になったかたも少なくないのではないでしょうか?

しかし、腹痛時に行われる検査がどんなものであるか、何の為に行われるのか事前に知っていれば少しは気持ちに余裕がでてきますよね

そこで、腹痛で病院で診察を受ける時検査の内容について詳しくご説明したいと思います。

[ad#ad1]

なぜ検査が必要なのか?

まず初めに、“お腹が痛い”というよくある症状に対して精密検査が行われるときがあります。大げさと思われるかもしれませんが、それには理由があるのです。

腹部上部痛みが起きたとき胃の症状と判断しがちですが、胃以外にも肝臓・胆のう・総胆管・膵臓など多くの臓器が腹部上部にはありそれらの症状である可能性否定できません

また下腹部においては、小腸大腸でが占めていますが、虫垂炎など手術を要する病気や緊急処置が必要な場合もあるのでその特定にも検査は大変重要なのです。

腹痛を訴えたとき医師は食あたりやストレス性の病気からガンに至るまで様々な病気を想定します

通常の問診や聴診、触診をしたうえである程度病気を絞り、必要に応じて病気の可能性がある臓器を詳しく検査し診断を進めていくのです。

尿検査

尿検査では、蛋白・糖・ポルフィリン潜血(血液が混じる)についてわかります。

腎臓に問題がないか確認するとともに潜血陽性であれば尿管結石を疑います。

血液検査

白血球の増加によって症状の強さが判断できます。また、リパーゼアミラーゼなどの上昇があれば急性膵炎の可能性も考えなくてはなりません。

前立腺ガンの発見にも血液検査は重要です。

臓器から出血がある場合は貧血になるので、その傾向がないかも確かめることができます。

糞便検査

胃や腸から出血がある場合、便から確認することができます。

膿汁粘液があれば腸の病気を疑い内視鏡で所見を確認する必要が出てきます。細菌虫卵がないかもわかります。

検便をする場合は後日採取したものを持っていき診断することがほとんどです。

あらかじめ自身で血便が見られたときは問診でも医師に伝えておきましょう

[ad#ad2]

腹部超音波検査

腹部にゼリーを塗り超音波の端子をあてて臓器をみる検査です。

比較的容易に行え詳しく見ることができるのでよく行われる検査ですが、空腹時が好ましいので日を追って行われることがほとんどです。

腹部超音波検査では胃腸の病気を判断するのは難しいのですが、肝臓・胆のう・総胆管・腎臓、腹部大動脈などが確認できます。

急性胆のう炎、胆石症、急性胃拡張、腹部大動脈瘤、婦人科疾患の一部の可能性を診断できます。

排尿前の膀胱もある程度検査が可能で、膀胱筋腫が見つかることもあります。

女性の下腹部の痛みの場合は、卵巣筋腫子宮筋腫腹腔内への出血など婦人科疾患を疑う必要があり、それらの診断にも有効です。

腹部CT

腹部CTでも腹部を詳しくみることができます。

膵臓の病気は発見が困難で、腹部超音波検査においても検査は可能ですが、腹部CT血液検査併用して行い判断します。

腎臓の病気も、腹部超音波検査腹部CT尿検査を通して判断できます。

腹部レントゲン撮影

腸閉塞消化管穿孔を発見することができます。

炎症異常なガス像がないかも確認します。

心電図

心筋梗塞のであるかの判断がつきます。

心筋梗塞腹痛、関係性がないと思われる方も多いと思いますが、実は心筋梗塞の予兆として腹痛や胃痛を訴えることがあるのです。

内視鏡検査

胃内視鏡検査大腸内視鏡検査があります。

直接所見を診ることができるので胃腸の病気が疑われるときはやっておきたい検査です。

胃内視鏡、またはから細い管状のカメラを入れます。口からカメラを入れる場合はカメラが喉にあたり嗚咽してしまう人がいたり、検査中会話ができなかったりと、少々辛い検査だという印象があるのではないでしょうか?

もちろん口からでも問題ない人もいますが、最近では鼻からの検査が普及しています

鼻から入れることによりスムーズに喉を通り、また医師と会話をしながら検査を進めることができます。

大腸内視鏡肛門から細い管状のカメラを通します。抵抗があると思いますが、所見を目で確認できる内視鏡は診断をより正確にすることができます

カメラのカプセルを飲み込んで観察する方法もありますが現状は管を入れる内視鏡が一般的です。

適切な治療を行うために・・・

いかがでしたか?

腹痛で病院で診察を受ける時の検査の内容についてお伝えしました。

実に多くの検査があるのがおわかりいただけたと思います。

腹痛、それは誰もが経験したことのあるごく一般的な症状ですが、腹痛を症状とする病気は大変多く、また症状の程度感じ方にも個人差があります。それに加え、緊急を要する病気の可能性も否定できないためとても厄介な症状です。

たかが腹痛、されど腹痛。

身近な症状であると軽視せず、重篤な病気を見過ごしてしまわないために、必要に応じて詳しく検査をすることはとても重要だと言えます。医師が必要と判断した場合はしっかりと検査をして病気の特定をし、不安なく治療をしたいものですね。

[ad#ad3]

Sponsored Link